ローソク足と水平線のシンプルトレード

水平線のみを表示したチャートでトレードするのは、年間1、000万円以上の利益を稼ぐAさんです。

FXを始める前は、移動平均線や一目均衡表といったテクニカル指標を使おうと勉強したこともあったが、ロジックを知るうちに興味がなくなったそうです。

テクニカル指標が信用できなかったというのが最大の理由です。勝っている人がいるのは知っていたのですが、ワケのわからない計算で算出したラインをどうして信じるのかが疑問に感じ、だったら、過去のチャートを見て実際に抵抗線や支持線として機能しているラインのほうがずっと信用できる、とのこと。

実際AさんはFXを始めてからテクニカル指標は一切使うことなく、水平線だけで勝ち続けているそうです。

使用している通貨ペアは米ドル/日本円がメインで、英ポンド/日本円やユーロ/日本円でトレードすることもありますが、最初のうちは米ドル/日本円でトレードすることをオススメしています。

米ドル/日本円は、抵抗線や支持線に素直に反応する一方、英ポンド/日本円やユーロ/日本円の場合は、すこしずれたりするので慣れないうちは高い勝率が見込めないからです。

まずは、米ドル/日本円でトレードの流れを掴むことから始めることをオススメとのことです。

トレードに使用する時間足は30分足のみ。水平線を引くためには、1時間足、4時間足、日足を使います。

ソフトを終了しても、水平線が保存されるMetaTreader4のようなチャートソフトを利用します。

名称未設定-5

管理人